葬儀の全体の流れ

お悔やみから葬儀、さらに一周忌法要までの大まかな流れをご案内いたします。それぞれ、下記以外にも細かな準備・手配が必要になりますので、くわしくは山金葬祭にお尋ねください。丁寧にご説明させていただきます。

※以下はもっとも一般的な流れになります。宗派・地域によって流れは異なりますので、ご注意ください。

1.医師の死亡宣告

末期(まつご)の水をとり、体を清め、死に化粧をし、北枕に安置します。

家族、親族に連絡をします。法的根拠となる死亡診断書を受けとります。葬儀の方針について話し合い、葬儀社を決めて連絡します。

次へ

2.遺体移送安置

nagare1

葬儀社の寝台車にて、遺体を自宅もしくは安置所へ移送します。枕飾りを行います。

次へ

3.葬儀の打ち合わせ

nagare5

喪主・世話役を決め、通夜・葬儀の日程・斎場の場所・規模などを決定し、葬儀社に葬儀費用の見積もりをとります。
死亡届・死亡診断書を提出し、火葬許可証を受けとります。
宗教者(菩提寺)に連絡し、戒名を依頼します。

※山金葬祭との打ち合わせの前に、宗派の確認・世話役の決定・故人のお写真のご用意・会葬者数の予測などをお済ませください。

次へ

4.通知

知人・友人・ご近所へ、電話などで逝去の旨と葬儀日程を知らせます。

次へ

5.通夜準備

nagare6

通夜飾りを行い、喪服を用意し、通夜の席次を決め、通夜振る舞いの部屋を準備します。
また弔問客受付や接待の準備を行い、場合によっては道路使用許可の取得が必要です。
ご遺体の納棺もこの時点で行います。

次へ

6.通夜

nagare2

通夜の焼香を行い、弔問客の応対をします。

焼香後は喪主挨拶を行います。通夜振る舞いで僧侶や弔問客を接待します。

次へ

7.葬儀準備

弔電の確認や弔辞の依頼、葬儀の席次を決めます。供物の並べ方を確認します。

次へ

8.葬儀、告別式、出棺

nagare3

会葬者の受付、香典、供物を記帳します。

喪主は会葬者に挨拶を行い、会葬者へ改葬礼状・返礼品を渡します。

次へ

9.出棺、火葬、収骨

nagare4

火葬許可証を火葬場係員に渡し、火葬を行います。

納めの式、収骨を行います。埋葬許可証を受けとり、遺骨を持って帰宅します。

次へ

10.後飾り(中陰飾り)

nagare7

小祭壇に遺影、線香、供物、花、燭台などを置き、遺灰と遺骨を安置します。

忌明けまで毎日灯明を灯し、焼香します。翌日、ご近所へ挨拶回りを行います。

次へ

11.初七日法要

nagare8

この日まで喪服を着用し、法要を行います。

次へ

12.精進落とし

nagare10

世話役・僧侶を接待し、喪主が挨拶を行います。

次へ

13.四十九日法要(満中陰法要)

自宅もしくは寺院にて行います。事前に石材店へ墓石を依頼しておき、納骨を済ませ、四十九日法要を行います。

次へ

14.百か日法要

自宅もしくは寺院にて行います。

次へ

15.一周忌法要

日程を決め寺院に連絡を入れます。自宅もしくは寺院にて行います。